2017年1月1日日曜日

【TAT 2階】 CHALLENGER 2017 NEW YEAR SPECIAL ITEM



























新年1発目

クリスチャン・ホソイとのcollaborationで幕を開けるCHALLENGER

WACKO MARIA、NEIGHBORHOODのNEW YEAR ITEMと共に発売です。



































































CHALLENGER BRIGADE2017 NEW YEAR PRODUCTS


HOSOI × CHALLENGER


 



2017年 1月2日 12時 START


















HOSOI HOODIE

CLG-HS 017-003
FABRIC : COTTON
PRICE : 19,000 +tax



BLACK, HEATHER GRAY


































HOSOI TEE
CLG-HS 017-001
FABRIC : COTTON
PRICE : 6,500 +tax



BLACK, WHITE






























HOSOI CAP
CLG-HS 017-006
FABRIC : COTTON
PRICE : 7,500 +tax


WHITE×RED, BLACK


































HOSOI BANDANNA
CLG-HS 017-005
FABRIC : COTTON
PRICE : 2,300 +tax



WHITE






















"Christian Hosoi×CHALLENGER"

栄光、転落、そして復活と波乱の人生を送ってきたレジェンド・スケーター、Christian Hosoi(クリスチャン・ホソイ)との
カプセルコレクション。

CHALLENGERデザイナー田口の描き下しのグラフィックとコラボ用のオリジナルアイコンを、定番のバンダナ、Tシャツ、フーディ、キャップに採用。

グラフィックは日系アメリカ人である彼をイメージし、「和」が大きく反映されている。
鯉は強さや勇気の象徴とされ、滝を昇り切った鯉は、天まで昇り龍に変化すると伝えられていた。クリスチャン・ホソイの
スケートスタイルの中でも、高いエアートリックは彼の代名詞でもあり、それを決めるホソイと、鯉から龍への変化を重ね合わせた。

さらに現地に赴きインタビューも敢行。

今回のコラボレーションの事をはじめ、自分の人生や日本のスケートシーンについてなどを約8分に渡って語ってもらった。




click here ☞ http://www.challengerworks.com/










Christian Hosoi(クリスチャン・ホソイ)…1967年生まれの日系アメリカ人。
その端正なルックスと奇抜なファションで80年代に世界を席巻した伝説的スケートボーダーである。

80年代の終わりまでスケートボード業界のトップに君臨し、オリジナル・トリック「キリストエアー、ロケットエアー」のように
破天荒で荒々しいトリックが持ち味で、この頃は巨大エアーで世界記録を樹立。
高いエアートリック、長いグラインド、そして独特なスタイルは衝撃的でLA-METAL(ヘビーメタル系)に影響されたような奇抜な
ファッションで人々を魅了した。

立ち上げた自身のチームの成功により大金と名声を手にいれたもののその成功も長くは続かなかった。
90年代にはいると人気の低迷、不況によりスケートボードのスタイルも大きく変化しストリート・スタイルが主流になると仕事が激減。

いままで彼をサポートしていたスポンサーは次々に離れ、自身の事業の失敗も影響し追い詰められた彼はドラッグに依存し始める。

そして2000年、ハワイのホノルル空港でのドラッグ所持で禁固十年の刑を宣告される。

しかし、この経験が自分自身の人生を見つめなおす機会となり刑務所の中で聖書に出会い本物のクリスチャンとなった彼は模範囚となり
ガールフレンドと獄中結婚を果たす。 

同時に、世界中でホソイに影響を受けた人々の呼びかけにより早期釈放を願う「FREE HOSOI フリーホソイ・ムーブメント」が
巻き起こり04年には善行が認められ刑期短縮により釈放。

出所後間もなくスケートシーンにカムバックし、現在はサーフィンのメッカとして名高いカリフォルニア州ハンティングトン・ビーチで

ホソイ・スケートボードを復活させスケートボードのデザインやレッスンをする傍ら、キリスト教の殉教にも努めている。 















ご来店心よりお待ちいたしております。













TAT 2階


【TIME AFTER TIME】
福島県郡山市安積2-100
Tel : 024-937-6037
営業時間 : 12時~20時  (定休日 : 火曜日) 

TIME AFTER TIME HP ☞  https://www.time-after-time.jp